プロジェクトマネジメントのアイシンク
プロジェクト成功診断システムONIGAWARAとは
「未来予測型マネジメント」が今、求められている
システム概要
ONIGAWARA とは 3大機能 対象 ご利用パターン 特許取得 ネーミングについて
プロジェクト・ライフサイクルでの活用イメージ 開発者の声 「未来予測マネジメント」の必要性
システム概要 ONIGAWARA ご導入までの流れ FAQ:よくあるご質問
ONIGAWARA(R)とは
「ONIGAWARA(R)」は、プロジェクトに起こり得るリスクを事前に示し、
未来をシミュレーションすることで成功確率を向上させる、
“未来予測型マネジメント”のためのプロジェクト支援システムです。
プロジェクトを遂行するのが人である以上、プロジェクトの成功確率を高めるには、
「人や組織が最大のパフォーマンスを発揮すること」が必要不可欠です。

創業以来、プロジェクトマネジメント専門企業として多くの企業や組織のプロジェクトと関わってきたアイシンクは、プロジェクトマネジャー・チーム・関係部署などプロジェクト関係者(ステークホルダー)のパフォーマンス状況こそがプロジェクト成功の鍵であることに着目。これを定量化し、プロジェクト全体の成功確率とともに数値で示すシステムを、独自に開発しました。

さらに、プロジェクトの教訓を、未来に起こり得るリスクとして活用できるよう、ステークホルダーのパフォーマンス要素と関連づけて分類・蓄積。後続プロジェクトで発生が予測されるリスクは、発生確率・対策などと併せて、プロジェクトのフェーズごとに表示されます。多くの企業や組織の片隅で埋もれがちなプロジェクトの教訓・ノウハウを、組織全体の宝として有効活用するための仕組みを構築しました。
3大機能
プロジェクトの未来シミュレーション機能
プロジェクトの成功確率とステークホルダーのパフォーマンス状況をそれぞれ数値化して表示します。発生が予測されるリスクについても可視化し、影響するステークホルダーや対策とともに発生確率を段階表示します。「今、誰に何を働きかけるべきか」が見える化されるため、プロジェクト遂行の初期の段階で、未来をシミュレーションしながらリスクの予兆を捉え、問題が重大化する前に先手を打って「次の一手」を検討することができます。
プロジェクトの教訓・ノウハウの蓄積/表示機能
過去のプロジェクトで発生した課題やトラブルをシステムの中に蓄積し、未来のプロジェクトでリスクとして表示します。ステークホルダーのパフォーマンス要素と関係づけながら社内データベースに取り込む手法により、プロジェクト終結時の分析の切り口が明確化され、活用しやすい形での教訓の蓄積が可能となります。多くの企業や組織で活用されずに眠っているプロジェクトの教訓・ノウハウが、宝の山となって後続プロジェクトで有効に活用されるようになります。
プロジェクト予測結果レポートの作成機能
プロジェクト診断の結果は、画面上での閲覧に加えて、「プロジェクト予測結果レポート」として出力することもできます。 プロジェクト分析資料としてそのまま使用できる他、エクセル形式ですので、必要なコメントを加筆して上部マネジャーに提出したり会議資料として活用したりすることも可能です。プロジェクトマネジャーが、サポートを得るために必要な説明をしたり社内手順に沿った行動をとったりするための労力や時間の節約にもつながります。
対象
プロジェクトに関わる全ての方にご利用いただけます。
具体的な活用シーンについて、「プロジェクト・ライフサイクルでの活用イメージ」もご覧ください。
ご利用パターン
重要プロジェクト成功サービス
貴社や組織で実行が予定されている “失敗が許されないプロジェクト” について、 アイシンクが「ONIGAWARA(R)」を用いながら成功確率や課題の分析・診断を行います。 プロジェクトの成功確率を向上させるために必要なアクションや組織的サポートについて、 プロジェクト診断やプロフェッショナルアドバイスを提供いたします。
ONIGAWARA(R)を用いたトレーニング
「ONIGAWARA(R)」をプロジェクト・シミュレーターとして活用することにより、 プロジェクトを成功させるためのスキルや分析手法、教訓・ノウハウの効果的な残し方、プロジェクトを成功に導く組織構築の方法などを習得できる研修講座です。企業や組織の中での「ONIGAWARA(R)」の効果的なご利用方法もお伝えします。
プロジェクト支援システムとしてのご導入
貴社や組織のプロジェクト遂行プロセスの中に「ONIGAWARA(R)」を取り入れてご活用いただくパターンです。 プロジェクトを成功させるための要素、失敗の教訓などを「ONIGAWARA(R)」に蓄積する流れを作り、 プロジェクト成功のための組織的枠組みを構築します。 また、オプションで、貴社や組織の文化に合わせた「ONIGAWARA(R)」の最適なご導入やカスタマイズに関するサポートも行います。
特許取得
「ONIGAWARA(R)」は、ステークホルダーのパフォーマンスを基にプロジェクト成功確率を算出し、
蓄積したプロジェクトの教訓を起こり得るリスクとして表示する仕組みについて、アイシンクの独自性が認められ、
2015年8月7日に特許2件を取得いたしました。
ステークホルダーのパフォーマンス必要要素と実際のパフォーマンスとの比較で
プロジェクト成功確率を算出するシステム
プロジェクトの教訓をステークホルダーのパフォーマンス要素と関係づけて蓄積し、
実際のパフォーマンスに基づき、リスクとして表示させるシステム
ネーミングについて
鬼瓦が屋根の上でにらみを利かせて怖い顔をしているのは、
家に悪いものを寄せ付けず災難から守るためだとされています。
アイシンクが提供する「ONIGAWARA(R)」も同様に、
貴社や組織のプロジェクトに起こり得るリスクの予兆を捉え、早い段階で全て洗い出すことにより、
「プロジェクトを致命的な失敗から守る」という意味を込めてネーミングしています。
「ONIGAWARA(R)」の予測結果画面などに登場する、知恵の小鳥「Pico(ピコ)」。
貴社や組織の片隅で埋もれがちな過去の教訓を未来に活かすため、
これからのプロジェクトで予測されるリスクに対して
どのような対策が効果的かをタイミングよく教えてくれる、「ONIGAWARA(R)」の頼れる指南役です。
お問合せ
ページTOPへ