プロジェクトマネジメントのアイシンク
プロジェクト成功診断システムONIGAWARAとは
「未来予測型マネジメント」が今、求められている
システム概要
ONIGAWARA とは 3大機能 対象 ご利用パターン 特許取得 ネーミングについて
プロジェクト・ライフサイクルでの活用イメージ 開発者の声 「未来予測マネジメント」の必要性
システム概要 ONIGAWARA ご導入までの流れ FAQ:よくあるご質問
プロジェクト・ライフサイクルでの活用イメージ
プロジェクト遂行プロセスに「ONIGAWARA(R)」を組み込むことにより、プロジェクトで発生し得るリスクを事前に想定し、 それがどのような影響をプロジェクトの進行に与えるかを初期の段階で検討する「未来予測型マネジメント」が可能となります。
プロジェクトの成功は、主にプロジェクトマネジャーを含むプロジェクトチームに委任している
プロジェクトの成功に向けた取り組みを
組織として事前に検討・実施できる
上部の仕事は、プロジェクトマネジャーの
選定・任命と評価のみ
上部の仕事でのプロジェクトマネジャーの選定が
合理的にでき、必要なサポートを検討できる
プロジェクトマネジャーからの要求ベースでのみ
サポートを実施
プロジェクトの成功に必要な組織的サポートが
明確になる
プロジェクト終了後は教訓・ノウハウを整理する
場合もあるが、未来への活用度は低い
プロジェクト終了後に教訓を分析し、
次のプロジェクトに活用できる
開発者の声
私たちの周りでは、大小さまざまなプロジェクトが、国家や企業などにより遂行されています。
その中には、失敗すると社会や組織に大きな影響を与えるようなプロジェクトも多々あります。
このような重要なプロジェクトを、体系的とはいえないプロジェクトマネジメントの進め方や、
単なる慣習的な仕事による遂行、場当たり的なプロジェクト組織で行うことは、
失敗を運命づけられた「罪」と感じています。
今回開発したプロジェクト成功診断システム「ONIGAWARA(R)」は、
未来志向のマネジメント視点で構想しました。
未来は正確には予測できるものではありません。
しかし、「致命的な失敗を防ぐ」、または「成功の確率を向上させる」ために、
今必要な行動(アクション)を特定することは可能です。
この「ONIGAWARA(R)」は、プロジェクトを成功させたいという意思のある組織や個人のための
未来志向ツールであり、プロジェクトを成功に導く組織デザインを考えるための支援ツールでもあります。
同時に、過去に組織で実行された同様のプロジェクトの教訓を表示する機能もあり、
組織のプロジェクトの教訓を未来のプロジェクトのリスクとして活用することもできます。
この「ONIGAWARA(R)」を、国家事業や企業などのプロジェクトの新しいマネジメントツールとして、
プロジェクトの成功にお役立ていただければ幸いです。
「未来予測型マネジメント」の必要性
アイシンクが開発した「ONIGAWARA(R)」は、不確実性と戦うプロジェクトマネジャーやプロジェクト関係者の味方となり、
貴社や組織のプロジェクト成功を強力にサポートするためのプロジェクト支援システムです。
過去の経験を組織で活かし、 プロジェクトの未来を予測して対応するために、必ずやお役に立てると考えております。
ビジネスの環境は不確実性を増しています。
ビジネスの競争が激化し、同じことの繰り返しでは競争に
勝てなくなっています。変化のスピードが速いため、
絶えず変化していく中で対応しなければなりません。
プロジェクトに関わるメンバーがグローバル化するとともに、
ターゲットとなる市場も国内から海外へと拡大しています。
異なる価値観と多様なステークホルダーの下で
プロジェクトを推進しなければなりません。
業界の垣根が消え、他分野の技術が別の分野のビジネスに
強烈な影響を及ぼすようになっています。業界を越えて、
ビジネス連携や融合化、異業種企業による共同プロジェクト、
部門横断プロジェクトなど、 互いに未知の要素を含む中で
対応しなければなりません。
不確実性と戦い、プロジェクトを成功に導くには、
以下の3つが重要です。
過去に起こったことを教訓として組織知化し、未来に活かす
ことで、組織としての不確実性を減らすことができます。
課題やトラブルが発生してから対策を講じるのでは後手に回り、有効な対応が難しくなります。予兆を捉えて早い段階で対応することが、致命的なトラブルへの発展を防ぐことにつながります。
プロジェクトの成功にはさまざまな要因が関係しており、 成功確率を算出するのは容易ではありません。それでも、 工業プロセスにおいて数値化が高度なプロセスマネジメントに必須なのと同様に、 プロジェクトマネジメントの高度化には、プロジェクトのパフォーマンスに関わる数値化が必要不可欠になります。 プロジェクトの成功確率を数値化することで、意思決定とコミュニケーションの質が格段に向上します。
お問合せ
ページTOPへ