プロジェクトマネジメントのアイシンク

組織サポート力診断

プロジェクト成功のために組織が行っている各種施策、組織的プロジェクトマネジメントの成熟度を測定し、ワークショップにより組織のプロジェクト実施能力向上策を立案します。

  • 企業研修
  • 公開講座
  • コンサルティング
  • PMドック
  • PMラボ
  • アイシンクについて

Home > PMドック > 組織サポート力診断

組織サポート力診断とは

プロジェクト成功のために組織が行っている各種施策、組織的プロジェクトマネジメントの成熟度を測定し、ワークショップにより組織のプロジェクト実施能力向上策を立案します。

■ 特徴

  • プロジェクト現場での実践状況と、組織が準備しているプロセスの両面でPMプロセス成熟度を診断
    • *プロジェクト現場でのPM実践状況の把握に診断対象を絞った「PMプロセス診断」もあります。
  • WEBを活用し、短期間で効果的に組織サポートの現場プロジェクトへの浸透度と有効度を診断
  • 現実的な改善ステップ検討を可能とする組織的プロジェクトマネジメント成熟度モデル(5段階モデル)

■ 用途

<診断ご利用者>

  • 組織マネジャー (経営層、事業部門管理職の方、部門責任者の方など)
  • PMOマネジャー及びメンバー (PMO設立チーム、プロジェクト推進チームなど含む)
  • プログラムマネジャー(複数プロジェクト統括マネジャー、大規模プロジェクトマネジャーなど)

<診断結果の活用>

  • プロジェクト現場の実態と組織サポートの成熟度に則した組織的なプロジェクトマネジメント実施能力向上策を立案する
  • 現在組織が提供しているプロジェクト成功に対する支援策の定着、あるいは支援改善の方策を立案する
ページトップへ

診断体系モデル

組織的プロジェクトマネジメント成熟度は、プロジェクト現場におけるPMプロセスの実践度(PMプロセス成熟度)と組織のサポートの成熟度の両面で診断します。

診断モデル

診断モデル

成熟度モデル
組織のプロジェクト成熟度 成熟度
1:混沌 2:反復 3:標準化 4:定量化 5:最適化
各プロジェクト
PMプロセス
成熟度
成り行き
まかせ
経験や
知識伝承
体系的知識に
基づいたPM
定量的・科学的な
コントロール
改善と
最新技術導入
組織
PMプロセス
成熟度
属人的
プロセス
過去資産の
利用
標準化された
PM方法論
マネジメント
データ可視化
改善と
最新技術導入
組織サポート
成熟度
組織支援
なし
系統化されない
支援
役割定義
による支援
支援活動の
効果測定
支援の最適化
ページトップへ

分析結果レポートによるワークショップ

組織サポート力診断は、診断結果をもとにした、組織の代表者・選抜者(事前に参加者の調整を行います)によるワークショップ開催を基本としています。

ワークショップでは、最新の組織的プロジェクトマネジメントの知識を得たうえで、自組織に会ったプロジェクト支援の在り方、成熟度向上の方策を検討します。

ワークショップ概要
ページトップへ

ご提供プロセス

ご提供プロセス
対象プロジェクト選定
組織サポート内容確認
ワークショップ設計
プロジェクトマネジャーによるWEB診断入力(約30分)
支援組織メンバー、組織マネジャーによるWEB診断(約15分)
PMプロセスと組織支援の成熟度を集計
現場視点と組織視点のギャップ分析
弊社ファシリテートによるワークショップの開催
ページトップへ

お問い合せ

■  詳細のご説明
■  貴社の状況に応じたカスタマイズや適用方法
 

その他本サービスに関するご質問・ご要望につき、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページトップへ
  • チーム力診断サービス
  • PM力診断サービス
  • PMプロセス診断サービス
  • 組織サポート力診断サービス