プロジェクトマネジメントのアイシンク

PM基礎カスタマイズ講座

幅広い業務、用途に合わせ最適にカスタマイズした講座をご提供

  • 企業研修
  • 公開講座
  • コンサルティング
  • PMドック
  • PMラボ
  • アイシンクについて

近年、プロジェクトマネジメントの重要性の高まりが着目されています。

製品開発、受託プロジェクトなどの典型的プロジェクトのマネジメントの枠にとらわれず、幅広い業務にプロジェクトマネジメントの手法を取り入れる取り組みが進んできています。

すなわち、企業の人材育成において、いわゆる「段取り力の強化」「仕事力の強化」という視点でのプロジェクトマネジメントが活用されているのです。

アイシンクのPM基礎講座は、業界・業種に依存せずに、プロジェクトの本質、マネジメントの本質重視の講座となっており、お客様の業種、求める育成対象の方に、カスタマイズして提供する事が可能です。

プロジェクトマネジメントの活用が有効な業務を見極めるのに以下を参照ください。

領域 特徴 必要なスキル
A 個人の繰り返し作業 個人作業であり、経験済作業の繰り返し。
サイズも不確実性も低い。
B サイズの増大 作業に関わる人間が増え、また影響を受ける人の数も増える。(ステークホルダーの増大)したがって、コミュニケーションの重要性が高まる。
C 不確実性の増大 作業のプロセスやステップが複雑になることと、リスクへの対応の重要性が高まる。
D プロジェクトマネジメント 一定のサイズと不確実性を超えるものは、個々のスキル(コミュニケーションやリスク対応)の向上だけでは上手くいかず、体系だったプロジェクトマネジメントのスキルが必要になる。

Dの領域の作業は、それがたとえ個人作業であっても、複雑(不確実)でステークホルダーが多い作業は、 IT業界や建設業界などにおける長年のプロジェクト経験に基づく、プロジェクトマネジメントのプロセス、ツール、ノウハウを利用でき、既に体系化している知識体系の恩恵を受ける事ができます。

プロジェクトの本質を重視するアイシンクのプロジェクトマネジメント講座は、業界や業種にとらわれない事、カスタマイズができることで、多くの業界向け、多くの対象者向けに提案・実施されてきています。

以下の表は、これまでプロジェクトマネジメント基礎をカスタマイズして提案・実施してきた講座の一例です。お客様のビジネス環境、企業環境における“業務の遂行力”を高めるために、様々なカスタマイズ方法を提案させていただきますので、ご要望をお聞かせください。

適用業界:情報通信、製造、医薬、食品、運輸・流通、公共機関
カスタマイズ講座例 受講対象 特徴
管理職のための
PM入門講座
新任管理職
現管理職
部門で実行する業務(プロジェクト)全体の管理能力を向上させるとともに、業務能力向上に関する部下の育成・指導のために、部門の長がプロジェクトマネジメントの基本スキルを身につける
営業向けPM基礎講座 営業職 営業プロセス・商談をプロジェクトとして捉え、営業活動にプロジェクトマネジメントを活用、商談の成功を導くための、考え方と基本技術を身につける
発注者のための
プロジェクト管理
事業担当者
プロジェクト担当者
業務の多くを外部にプロジェクト委託する企業が、プロジェクトマネジメントスキルを向上させることで発注業務のコントロール力を高め、発注プロジェクトを成功に導くためのスキルを身につける
仕事ができる人のプロジェクト・マインド講座 新入社員
若手社員
「仕事の段取り」能力と「コミュニケーション(報告・連絡・相談を含む)」能力を高めるためにプロジェクトマネジメントプロセスを活用
プロジェクトマネジメント導入セミナー 全社員 全社の業務力向上の為に、共通の考え方、共通用語としてのプロジェクトマネジメントの活用
お問い合わせ
ページトップへ
  • プロジェクトマネジメント講座グループ
  • プロジェクトマネジメント専門講座グループ
  • マイクロソフトプロジェクト講座グループ
  • PMP試験対策講座
  • VLトレーニングプログラム
  • ヒューマンスキル講座グループ
  • 狩猟型プロジェクトマネジャー育成プログラム
  • カスタマイズ講座